文字サイズ:

四日市消化器病センター

〒512-1203三重県四日市市下海老町字高松185-3
電話番号:059-326-3000
午前/8:30~11:30
午後/14:30~17:30
日曜祝日・土曜午後休診

医師ブログ

病院長とESDをしました。

blog161102ESDとは「内視鏡的粘膜下層剥離術:Endoscopic Submucosal Dissection」の略語で、胃や大腸のがんやポリープは最も表面にある「粘膜」から発生するため、胃カメラや大腸カメラで消化管の内腔から粘膜の下までをポリープの形に合わせて電気のはさみやナイフで剥離し、病変を一括切除するという治療法です。
胃で2006年、大腸で2011年より保険治療が可能になり、次第に症例数が増えています。

それまではEMR(内視鏡的粘膜切開術:endoscopic mucosal resection)という、スネアという輪っかでポリープの首を切るように治療していましたが、切除できるサイズに限界があり、ある一定以上の大きさの病変になるとしばしば分割切除になり、腫瘍が残って再発することが問題となっていました。EMRはいわゆるキノコ型のような根っこのあるポリープには強みがありますが、今日のような平らな横に広がるポリープはやや苦手とする所です。

ESDのおかげで、かなり大きな病変でも、おなかを開けずに内視鏡での治療が可能となりました。

2016年11月2日更新

中学生による職場体験が行われました。

中学生による職場体験先日地元の中学生による職場体験が行われました。
3人とも将来は看護師になりたいとのことです。
どうしたら看護師になれるか生の声も聞けて刺激になったと思います。

2016年10月17日更新

日本肥満学会

日本肥満学会今日は東京ファッションタウンで行われている日本肥満学会に参加しています。ランチョンセミナーで肥満を伴う脂肪肝の最新治療と今後の展開につき勉強しました。肥満症の治療は、食べるな、運動しなさいと言われ、うまくいかず自責の念に駆られるといったイメージがある方も多いのではないでしょうか?
今や、科学的に解明されつつあり、遺伝子タイプによりやむなく体重が増える場合もあったり、また、様々な治療薬が開発され、従来のイメージは覆されなければなりません。

消化器系で肥満症に関係する疾患として脂肪肝、逆流性食道炎などがありますが、その他の腰痛、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群など多くの病気を引き起こすことは今もかわりなく対策が必要です。体重コントロールできずにお困りの方も当院にご相談ください。なお、学会で提供されたお弁当は、低脂肪食ですが大変おいしいものでした。

2016年10月11日更新