文字サイズ:

四日市消化器病センター

〒512-1203三重県四日市市下海老町字高松185-3
電話番号:059-326-3000
午前/8:30~11:30
午後/14:30~17:30
日曜祝日・土曜午後休診

医師ブログ

肝動脈化学塞栓療法で思うこと 『たかが脂肪肝、されど脂肪肝』

肝動脈化学塞栓療法
今日は3名の肝動脈化学塞栓療法を行ないました。
この治療は、肝臓がんに対して行なうのですが、多くはB型C型肝炎(肝硬変)というウイルス性肝炎を基礎としてガンが発生します。
ところが、前回治療した3人は、全員が肝炎ウイルスに感染していないケースでした。恐らく脂肪肝が発症の素地になっていたものと思われます。平成14年から、この病院で肝動脈化学塞栓療法をやってきたのですが、3例治療すれば、必ず一人はウイルス感染者が含まれておりましたので、驚くとともに時代の変化を感じます。
ウイルス性肝炎と比べて脂肪肝の患者さんは肝臓の画像検査をすることは少なくなりがちですが、侮れない病気だと改めて気づかされました。

2014年06月14日更新

餅は餅屋に

大腸ポリープの内視鏡的切除今日は大腸ポリープの内視鏡的切除を行ないました。
この治療は、主に大学病院の消化管専門の医師が担当しますが、私はもともと消化器の中でも肝臓分野を担っておりますので、最近はもっぱら治療の介助に回っております。
やはり大学病院で毎日のように治療をされている先生は場数が違うのでしょうか、見事な腕前に感心させられます。
専門の細分化についてはいろいろ意見がありますが、難しいポリープをさっと取ってしまうのをみていますと、やはり自分ならば専門中の専門の医師に治療をしてもらいたいと思ってしまうものです。

2014年06月14日更新

日本肝癌研究会

日本肝癌研究会今日は京都市で開催中の日本肝癌研究会に参加しています。
当院の消化器眼科部看護師2名も時間を作って来ています。
肝癌研究会は最も新しい知見が得られる学会として参加推奨学会に認定し、
日程、費用面で援助があります。皆さん頑張って勉強しましょう。

2014年06月5日更新