文字サイズ:
背景色:
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

四日市消化器病センター

〒512-1203三重県四日市市下海老町字高松185-3
電話番号:059-326-3000
午前/8:30~11:30
午後/14:30~16:30
夕方/16:30~18:30
日曜祝日・土曜午後休診

理事長ブログ

ピロリ菌のお話

今回は医療技術部 薬剤師服部が担当致します。
以前に薬剤部通信でもお話させていただきましたがピロリ菌のお話です。

当院でもピロリ菌の除菌療法を受けられる方がたくさんいらっしゃいますがその年齢層や男女比、除菌成功率等データがそろってきましたので皆様の参考となればと思い報告させて頂きます。

平成26年12月~平成28年12月までの約2年間に当院でピロリ菌の1次除菌を受けられた方の中でタケキャブという酸分泌抑制薬を含む(*1)3剤併用療法を受けられた方のデータです。
●合計 109名
●男女差はほとんどありません。
●年代別にしますとピロリ菌の保菌率が高くなる高齢の方が多いです。
(*1)3剤併用療法とはアモキシリン、クラリスロマイシンの抗生物質2剤とP-CABやPPIという酸分泌抑制薬を加えた併用療法のこと

結果は109名の患者様のうち除菌成功された方は104名でした。
率にして 95.4%
非常に高い除菌成功率でしたが5名の方が2次除菌を受けて頂く結果となりました。
ピロリ菌感染が胃ガンのリスクの1つということは明らかですし現在胃に不調のない方でも一度検診を受けて調べて頂くことをお勧めします。

2017年06月13日更新