文字サイズ:

四日市消化器病センター

〒512-1203三重県四日市市下海老町字高松185-3
電話番号:059-326-3000
午前/8:30~11:30
午後/14:30~17:30
日曜祝日・土曜午後休診

医師ブログ

【一文字しか違わないのに、めっちゃ違う肝臓の病気】

『かんのうほう』(肝嚢胞)

『かんのうよう』(肝膿瘍)

 

『ほ』と『よ』の違いしかありません

 

『かんのうほう』は肝臓にできる水の袋のこと

検診エコー検査でも、しょっちゅう見つかります。

かなり大きくなっても

症状や全身状態に影響を及ぼさず

ほとんどが経過観察でいいとされます

 

 

一方、

『かんのうよう』は肝臓にたまった膿(うみ)のこと

膿にはバイキンがいっぱいいて

熱、腹痛、黄疸などの症状がでます。

 

状況にもよりますが、

抗生剤でバイキンを殺しきれない場合は

体の外に膿を出すカテーテルを入れます。

 

今回入院患者さんに行ったのは

この『かんのうよう』の治療

こんなキットを用います

ただ、この肝膿瘍の原因は

不明の場合も多いですが

近くに腫瘍がある、胆管の変形がある

糖尿病や免疫異常がある

 

といった背景も

考えていかなければなりません

 

(ご本人様には了解を得て撮影しています)

 

#肝膿瘍

#肝嚢胞

#肝臓

#肝臓専門

#肝臓がん

#肝臓癌

#消化器内科

#肝臓内科

#胆管がん

#肝硬変

#脂肪肝

#肝炎

#カテーテル手術

#カテーテル治療

#手術

2021年08月3日更新