文字サイズ:

四日市消化器病センター

〒512-1203三重県四日市市下海老町字高松185-3
電話番号:059-326-3000
午前/8:30~11:30
午後/14:30~17:30
日曜祝日・土曜午後休診

虎の門病院 看護師 国内留学制度

当院では、看護師のスキルアップの一環として、国内留学制度を始めました。
留学先は東京の、虎の門病院様のご協力を頂いております。

虎の門病院とは…

虎の門病院東京都港区虎ノ門二丁目にある病院である。神奈川県川崎市高津区に分院をもつ。設置者は国家公務員共済組合連合会であり、2次救急指定告示医療機関、臨床研修指定病院である。東京都の肝疾患診療連携拠点病院に指定されている。
今井一男(国家公務員共済組合連合会理事長、大蔵省給与局長)や、冲中重雄(東京大学医学部教授)などの計画で、1958年に設立され、初代院長には東京帝国大学医学部教授を経て国立東京第一病院副院長を務めていた大槻菊男が就任。
診療科目は内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、神経内科、精神科、小児科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、放射線科、麻酔科、歯科など、
病床数890床。日本の肝臓診療の牽引的存在として有名である。
http://www.toranomon.gr.jp/

留学看護師

看護師(消化器・眼科部所属)

留学前のコメント
国内留学に行かせていただき、看護師としてスキルアップし、当院での看護の質の向上につなげていきたいと思います。
RFA,TACEなど肝がんに対する治療、看護について学んできたいと思います。
中間報告
最終報告

看護部長からのコメント ~当院初の国内留学制度開始にあたり~

当院は、消化器疾患・肝臓疾患で通院、入院治療される方の比率が高く、肝細胞がんに対して、肝動脈塞栓化学療法・ラジオ波凝固療法・動注化学療法を行っております。
私たち看護師は、専門職業人として、日々進歩する医療に対応し、専門性の高い良質な看護を提供する責務があります。看護師のスキルアップの為にかねてからの目標であった国内留学について、虎の門病院様にご協力をいただけることになり、今年度は、消化器眼科部所属の看護師1名が1か月間の研修に臨みます。
今回の研修は、虎の門病院において国内トップクラスの専門医療にふれ、看護の取り組み方について学ぶ大変貴重な経験になると確信しています。
1ヶ月は長いようであっという間だと思いますが、有意義な研修期間を過ごし、成長される姿を楽しみにしています。
休日には羽を伸ばしOffも楽しんできてくださいね。 Keep Smile??? (^o^)丿

研修に興味のある方へ

来年度以降も国内留学について積極的に取り組みたいと考えております。他病院の医療・看護をじかに経験できる機会は大変貴重です。自らのスキルアップのためにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

研修後報告(虎の門)

1ヶ月間研修に行かせて頂き、研修先の看護師の動き、業務の流れや治療時の看護など多くのことを見せていただきました。
また、肝臓内科医の熊田先生から直接お話を聞かせていただく機会もあり、肝炎治療の現状などについて貴重なお話を伺うことができました。
今回の研修で、治療後の合併症予防と患者様の安楽を両立することの難しさを改めて認識し、医師、薬剤師、看護師、など他職種にわたるチーム医療の構築が重要と感じました。
今後、研修で学んだことを当院における肝疾患を中心とした看護レベルの向上に活かしていきたいと思います。
虎の門病院分院の熊田先生、田沢総看護師長様はじめ、お忙しい中現場でご指導いただいたスタッフの皆々様、ありがとうございました。

当院初の国内留学で心細いこともありましたが、今後の研修体制に今回の経験が生かされれば幸いです。貴重な経験をさせていただきありがとうございました。