文字サイズ:

四日市消化器病センター

〒512-1203三重県四日市市下海老町字高松185-3
電話番号:059-326-3000
午前/8:30~11:30
午後/14:30~16:30
夕方/16:30~18:30
日曜祝日・土曜午後休診

看護部について

看護部長挨拶

当院看護部(看護課・介護課)は「患者さま(利用者さま)の気持ちに寄り添い思いやりの気持ちで看護・介護を提供する」をモットーにしております。

看・介護職員は、患者(利用者)さまが安全に安心して治療を受け、療養生活をしていただけるよう専門知識と技術を学び、患者満足度の向上を目指すことを目標としています。

看護部は内視鏡検査、手術看護(眼科、シャント、消化器、)透析室、健診部門など専門的で幅広い看護実践を担っており、また、胃腸肝臓眼科病棟(一般病棟)では急性期の患者さまの受け入れ、透析病棟(療養病棟)では病室で透析を受けていただいています。

また当院の建物の特徴としましては、病院の機能がすべて1Fに配置されており、病棟部門と外来部門が協力できる体制を作っています。

新任ご挨拶

私は常日頃、24時間患者さまの傍にいる看・介護職員は常に誠実で謙虚さを忘れず、思いやりの気持ちが大切だと思っています。患者さま家族、地域の方々から信頼を得られるような看護部をめざし、患者さまもスタッフも幸せにする病院を目指していきたいです。

看護部 伊藤与枝子

看護部理念

看護倫理を理解し、その人らしさを尊重した看護を提供し自立を支援する。

看護部基本方針

  • 明るく親切に笑顔で対応する。
  • 患者さまが安心できる看護を提供する。
  • 患者さまの立場にたって考え行動し、自立を支える。
  • 専門職者として自覚と責任を持ち、自己研鑚に励む。
  • 他部門と協同して患者中心の看護を展開する。
  • いきいきした職場づくりに努める。

看護部教育理念と基本方針

  • 当院職員としての誇りと品性を備え、責任ある行動をとれる人材を育成する。
  • 看護専門職者として主体的に学び、エビデンスに基づいた看護実践能力を養う。
  • 患者満足度の高い看護を提供できる人材を育成する。
  • 現場環境への適応に向けてリアリティショックや対人関係への対応について支援する。
  • 安全で確実な看護を実践できるよう支援する。
  • 後輩を教育する姿勢を育成し、個々が主体的に学習を継続することができるよう支援する。

看護部の目標

  • 患者さん情報を共有し、統一された看護を提供しましょう。
  • 消化器・眼科・透析治療における専門性の高い看護を提供しましょう。
  • 接遇の更なる向上を図りましょう。

看護部教育目的

  • 統一された看護を患者さんに提供する為の知識・技術・態度を育成する。
  • 組織の一員としての態度を養い、常に学ぶ姿勢を維持する人材を育成する。