文字サイズ:
背景色:
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

四日市消化器病センター

〒512-1203三重県四日市市下海老町字高松185-3
電話番号:059-326-3000
午前/8:30~11:30
午後/14:30~16:30
夕方/16:30~18:30
日曜祝日・土曜午後休診

一般事業主行動計画

医療法人三愛 子育て支援ビジョン

当法人は、子育てサポートを充実させ、仕事と子育てを両立し、すべての職員がイキイキと働くことができる職場環境を目指します。
法人・職員・家族が支え合い、相互扶助の精神で一丸となりサポートする、「職員・家族あっての病院」を目指します。

基準適合一般事業主認定通知書

一般事業主行動計画

くるみん認定

くるみんマーク当法人は、厚生労働省が制定している「次世代育成支援対策推進法」に基づく認定制度において、「子育てサポート企業」の認定マーク(愛称「くるみん」)を取得しました。
「くるみん」マークは、企業が子育て支援のための行動計画を策定・実施し、その実績が認められた場合に、厚生労働省・各都道府県労働局が認定し、取得できるものです。
今後も引き続き、子育て等のサポートを充実させ、仕事と子育てを両立し、イキイキと働ける職場づくりを目指します。

計画期間

平成27年8月1日~平成30年3月31日

2.内  容

1.妊娠中、出産後の支援制度の利用促進及び育児休業後における現職又は現職相当職への復帰させるための支援

対策・方策
妊娠中、出産後に利用できる 産前休暇、産後休暇、育児休業等の利用を促進し、対象職員が積極的に利用できるように担当者との面談を行う。また、現職、現職相当職への復帰について、復帰の部署においてサポート体制を充実させ、復帰を促進する。
H27.8~ 支援制度担当者選定
H27.8~ 随時対象者と面談し説明、利用促進

2.事業所内託児所の利用及び新設

対策・方策
当院の子供を療育する全職員に対し、事業所内託児所の利用を勧めるとともに、新病院建築に際し新規に託児所を設置し、子育てと仕事が両立できる環境を整備する
H27.8~ 院内託児所についての周知
H27.8~ 新病院内の託児所設計、建築

3.新病院建築に伴う、職場環境の整備

対策・方策
新病院新築に際し、職員が勤務しやすい職場環境を整備するため、院内託児所、男女別更衣室、多目的トイレ、男女別休憩室等を設置し、さらに勤務上の負担軽減のため、乗降補助装置付き自動車、特殊浴槽、特殊寝台などの設備を充実させる。
H27.8~ 新病院設計、建築

4.子ども・子育てに関する地域貢献

対策・方策
地域の子どもたちの健全育成、疾患・障害を持つ子どもたちの支援を積極的に行う。地域の児童発達支援センターなどと連携し、障害のある子どもたちに向けの小児リハビリテーションなどを設置し受け入れを強化する
H27.8~ 地域の施設等との協議、連携を検討

※一般事業主行動計画とは
平成17年4月に施行された「次世代育成支援対策推進法」に基づき、子育てしやすい職場環境づくりを目指し企業が策定する計画です。

女性活躍推進法 一般事業主行動計画

女性が活躍する職場環境を目指し、法人としての取り組みについて下記のとおり行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成28年2月25日~平成30年2月24日

2. 法人の課題

労働者の時間外労働について、全体の労働者平均時間外労働は比較的少ないが、時間外労働ゼロに向けて努力が必要である

3. 目標と取組内容・実施時期

目標
労働者の各月の平均残業時間を20%削減する
※(行動計画策定時前年の各月平均残業時間3.1時間を2.5時間まで引き下げる)
取組内容

組織トップからの長時間労働の是正に関する
強いメッセージの発信

当法人理事長から、長時間労働是正に関し、定例会などを利用し全職員に向けて発信する
■実施期間 平成28年3月~ 
幹部会、定例会等を利用し時間外労働削減に向けて指導する

組織全体・部署ごとの数値目標の設定と徹底的なフォローアップ
組織全体でNo残業day等の実施を行い、時間外労働の削減に取り組む
■実施期間 平成28年3月~ 
時間外労働削減の取り組み開始

平成28年2月25日策定