文字サイズ:
背景色:
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

四日市消化器病センター

〒512-1203三重県四日市市下海老町字高松185-3
電話番号:059-326-3000
午前/8:30~11:30
午後/14:30~16:30
夕方/16:30~18:30
日曜祝日・土曜午後休診

腎臓内科

診療科目

診療科目
腎臓内科・一般内科
診療内容

腎臓は血液をろ過し余分な老廃物を除去する重要な役割をしています。しかし、腎臓の働きが10%以下になると老廃物が体内に溜り色々な症状がでてきます。それまではほとんど症状がありませんので「沈黙の臓器」とも言われ、自覚症状が出た時にはすでに進行しているケースもめずらしくありません。より早期に発見して早期に治療介入するために,慢性腎臓病(CKD)という概念が提唱されてきました。
腎臓内科では健康診断などで検尿異常(血尿、蛋白尿)や腎機能障害を指摘された方の診断と治療、慢性腎臓病(CKD)の管理、腎代替療法(血液透析・腹膜透析・腎移植)への移行をおこなっています。血液透析に関しては導入・維持管理・シャント手術・血管内治療のすべてを院内で手掛けています。

保存期の治療としては食事療法、降圧治療や血糖コントロールなどが重要です。当院では、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師などでチームを構成し、自己管理がきわめて重要な腎臓病治療において患者さんの支援・指導を積極的に行っていきます。
足がむくむ・検診で異常を指摘されたなど腎臓で気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

担当医師紹介

鈴木 啓介
鈴木 啓介

  • 日本内科学会内科認定医・総合内科専門医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医・評議員
  • 臨床腎移植学会腎移植認定医
若松 亮
若松 亮

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医