文字サイズ:
背景色:
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

四日市消化器病センター

〒512-1203三重県四日市市下海老町字高松185-3
電話番号:059-326-3000
午前/8:30~11:30
午後/14:30~16:30
夕方/16:30~18:30
日曜祝日・土曜午後休診

理事長ブログ

JDDW2017レポート(C型肝炎の最終兵器&顕微鏡付き?の胃カメラ、大腸カメラ)

今年のJDDW(日本消化器関連学会週間)は福岡です。当院から看護師2名も参加しています。トピックな話題としては、C型肝炎の飲み薬はウイルスの種類(I型、II型)で治療薬が異なっていましたが、11月末頃に発売される「マヴィレット」は、どんなタイプでも100%近い効果を示し、重篤な副作用もなく、投与期間はたった8週(12週の場合もあり)で終了します。II型の治療はいままで、腎不全や透析患者さんに使えない「リバビリン」という薬の併用がネックでしたが、この薬は単剤で効果をしめし、透析患者さんの治療が可能になった事も大きいと思われます。
この講演は、日本の肝炎ウイルス治療の第一人者といわれる虎ノ門病院の熊田博光先生が過去のC型肝炎治療の変遷を説明しながら行ったのですが、肝臓学会の熊田先生のセミナーは、大きな会場でも立ち見がでるくらい最新治療の情報源としてある種の「名物」になっていました。現在、当院では虎ノ門病院に留学に行った看護師が活躍しており、直接熊田先生から話が聞けて勉強になったとのことで、大変お世話になった歴史があります。熊田先生は「こんなに多くの人が集まる私のセミナーはもうないんじゃないかと思います」と最終章と言わんばかりでしたが人類にとって大きな功績を残されたんだなと深く感じるものがありました。内視鏡ではオリンパスから病変を最大520倍の光学拡大機能が付くことでリアルタイムに細胞レベルまで観察ができる超拡大内視鏡「Endocyto」の2機種(上部消化管用,大腸用)が発表されました。その場で癌細胞を観察できるという発想がすごいのですが、病理医(細胞の専門家)が同時にみてくれないと難しいとは思いました。

2017年10月16日更新

日本肥満学会

昨年に引き続き肥満学会に参加です。
脂肪性肝障害と深いつながりのある肥満症は、肝臓専門医にとっても最新の知識が必要な領域ですので気を引き締めて勉強して参りました。肥満症は難治ですが、チーム医療で活路を見いだそうとする病院が増えてきており、当院でも体勢づくりが急務と思われました。話題の「RIZAP」ですが、CMで有名な減量に成功した森○卓○さんの経過を実例にあげて、利用者の増加とともにデータが増えて、かなり科学的に踏み込んだ肥満症対策になってきた感じです。
RIZAP主催のランチョンセミナーは会場に入りきれない人が多かったようです。井谷医師発表のSGLT2投与により肝障害とともに減量効果を認めた分析では、その効果に会場の反応も大きく、今後の新薬や追加治療を行った場合でも、同様の効果がでるか興味深く話題性があるように感じました。

2017年10月12日更新

四日市ヘルスプラス診療所(分院)から

10/2のオープンからたくさんの方々が見学、相談にお越しいただいており感謝します。スタッフも最新の透析機器を扱えるよう準備をして、当院で初めての透析患者様の治療が上手くいって少しホッとしています。新しい機械は、血圧測定、記載、血液の返血などほとんどフルオートになって手作業が減ったぶん、落ち着いた感じの透析センターになった感じがします。利用された方が「まるで飛行機のファーストクラス見たいね」と言って頂きましたが、私は利用したことがないのでわかりません。日常生活に近い空間がテーマですので、ダイニングでテレビを見ながら食事、自分の部屋でスマホを充電しながらWiFiを楽しむ、レンタルビデオ屋でDVDを借りてきて見るということが透析の4時間でできるようにと考えたらこうなった。というのが本音です。

どんなところかな?と少しでも興味があれば、冷やかしありでご来院下さい。

2017年10月6日更新

1 / 4812345...102030...最後 »